「荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-」展

東京都写真美術館は、総合開館20周年を記念して「荒木経惟 センチメンタルな 旅 1971– 2017–」展を開催します。 荒木経惟は、1960年代から活動を始め、国の内外で高い評価を得ています。荒木の作品は、 テーマや手法が多岐にわたることでも知れ、これまでに500冊近い写真集を上梓するなど、 その制作意欲は現在もなお、尽きることがありません。
本展は、その膨大な作品群から、妻、「陽子」というテーマに焦点をあてた展覧会です。荒木 自らが「陽子によって写真家になった」と語るように、1960年代の出会いから1990年代のそ の死に至るまで、陽子はもっとも重要な被写体であり、死後もなお荒木の写真に多大なる 影響を与え続けてきました。本展では、陽子を被写体とするものや、その存在を色濃く感じさせる多様な作品を通して、荒木が重要視している被写体との関係性を探り、またその写真 の神髄である「私写真」について考察していきます。展覧会タイトルの「センチメンタルな旅 1971– 2017–」とは、1971年に出版された私家版の写真集に始まり、現在へと続いている荒木経惟の私写真、そしてその写真人生そのものを表しています。
引用:https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2795.html 東京都写真美術館HPより

 

アラーキーの展示をみにいってきたよ。私なんかがアラーキーについてなにか書いていいのかなって思うけど、、書きます!
恐れ多いけど書こ!
展示では、陽子さんとの新婚旅行で撮影された写真をはじめとする日常の写真が壁一列に同じ高さで展示されていた。日常の写真なのにフィルム映画を観るような感覚だった。それが「私写真」というものなのかな?
私写真て私生活の写真てことだよね。奥さんとの日常的だけど、時間じゃない繋がりが感じられそう。
はじめてアラーキーの写真をみたときから、生々しさが印象的だった。それは、悪い意味ではないよ。女性の裸をたくさん撮っているというのもあるかもしれないけど、それ以外でも、すごくなにかパワーのようなものを感じた。荒木経惟は、自分の写真のあり方を「エロトス」と称しているらしい。荒木語でエロス(生、性)とタナトス(死)を組み合わせた意味らしいんだけど、私は特に「生」の部分を強く感じるんだ。今回の展示でもそうだった。印象に残った作品に『食事』があって、陽子さんの手料理をアップで撮っているんだけどすごく生々しいよ。「食事、情事なり」っていう言葉が添えられている。


引用:https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2795.html 東京都写真美術館HPより

エロトス!生と死ていう真逆だけど親密につながってる言葉の造語が面白いね。
そうそう。生々しい写真たちのあとは陽子さんが亡くなったあとに毎日撮り続けたという空の写真だった。空の写真にペイントがしてあるんだけどすごくカラフルで塗りつぶされていたり色々なの。黒で塗りつぶされていたり、ピンクで塗りつぶされていたり。悲しいと寒色にみえそうな空だけど、カラフルでポップにさえみえる作品が、衝動とか行き場のない想いとかそんなどうしようもない気持ちのように見えた。
私も是非みたいなあ。
もうすぐ終わるよ(笑)以前は原宿のアートスペースAMで「淫冬」、そして今回は「センチメンタルな旅」をみたけど、展示の内容は全然ちがくても私は「アラーキーの写真だ」って思わずにはいられない。

荒木経惟 センチメンタルな旅 1971- 2017-

会期:2017年7月25日〜9月24日
会場:東京都写真美術館
住所:東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
電話番号:03-3280-0099
開館時間:10:00〜18:00(木、金〜20:00 ただし、7月20日~8月25日の木、金は〜21:00)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月(祝日の場合は翌平日)
料金:一般 900円 / 学生 800円 / 中学・高校生、65歳以上 700円

引用:http://www.nippon.com/ja/features/c03702/