『インターステラー』の言葉

去年かな?今年かな?ちょっと忘れちゃったんだけど、すこし前にインターステラーをみました。
最初ほーんって感じでみてたんだけど、中盤からラストにかけて、すごいよかった。
いろんな思想、いろんな言葉が印象的だったけど、忘れたくないというか、
自分の中で新しい概念というか、メモしておきたい言葉があります。

宇宙で元恋人(宇宙に行っちゃって消息不明の博士)かいるかもしれない星へ行けるかもの選択肢がでたとき
自分の気持ちを主人公へ伝えた、アンハサウェイの言葉。

Love isn’t something we invented.
It’s observable, powerful, it has to mean something…
Love is the one thing we’re capable of perceiving that transcends dimensions of time and space.引用

「愛は人間が発明したものじゃない。それは観察可能なもの。力があるもの。何か意味があるもの。
愛は、わたしたちの意識下では感知できない、空間と時間を超える手助けをしてくれる、高次元の何かが存在する証拠かもしれない。」

 

その博士はもう死んじゃっている可能性が高いんだけど、存在しない人を何年感も想い続けるってとてつもないエネルギーだし、それはたしかに人間が作り出したものじゃなくて、元々人に備わっていた本能的な部分であるなぁって。
そんな哲学的な考えかたをSF映画で学んで、1人でなるほど。って思いました。

相対性理論とかがでてくるんだけど、私は全然詳しくないんだけど、詳しくない人を置いていくようなガチっぷりがすがすがしくて良かった(笑)
あとプチ知識で、ノーラン監督もすごいけど、「博士の愛した数式」のホーキング博士?のリアルライバルの人が科学の監修しるらしく、黒板とかの数式はその人が書いたらしい。

私の乏しい語彙力では全然語れない、けどこの映画を観た人といろいろ話してみたい。って思った映画でした。
  
Twitter🌔🌓🌘🌕@_kohimoto_
Instagram🌘🌕@_kohimoto_

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA