金沢21世紀美術館「ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー」

この間、初めて金沢の21世紀美術館へ行ってきた。展示はプールで有名な常設展示の他に、ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラーというアーティストの作品があった。
レアンドロ・エルリッヒのプール有名だよね。どうだった?
混んでて自分の写真は撮れなかった。ま、良いんだけどね。。(笑)ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラーの展示はカナダのカップルのインスタレーション作品で、暗い感じで、面白かった。
チラシおしゃれだね!どんな展示か想像できない。
なんかいろんなガラクタ?とかが集められていて、独特の世界観だった。撮影禁止だったから写真はないんだけど、ある作品は同じサインが入った大量のレコードを見つけたことから、その人物を想像して作られた空間だったり、病院の手術のマシーンが自動で動いていてタイトルがkillingマシーンだったりした。
結構不気味でふしぎな空間のようだね。
そうそう、言葉にするものじゃないとおもう。(笑)
話かわるけど21世紀美術館のロゴが地図そのまんまでおもしろいなーとおもった。

ほんとだ、面白いね。なんか、地球のようにも見えるし21世紀っていうイメージがわかる。
なんか、行くまでよく分からない紋章かとおもってた(笑)特徴的な建物だったから、地図だったんだ!っておもって。
その建物の上からみた図をロゴにする発想が面白い!
これなんだろうって思って、あぁこういうことか!ってひとひねりあるモノってすごく印象にのこる気がする。