ジブリ飯をつくってみた

秋の夜に一人であったかいカフェラテ飲みながら音楽かけて、ゆっくりパソコンしてる時間最高だ。最近ずっと家にいて本もいっぱい読めてるし、1人の時間が本当に好きだって思い出してる。
こんなにゆっくりした1日はもう5年後とかになるのかなぁ。それも、まぁいっか.

さいきん友達が家に来て、「手の込んだ料理作ろう!」ってことで、ジブリ飯を作りました。
結構クオリティ高く美味しくできたのでのせておきたく。。

 

魔女の宅急便より「にしんパイ」

こちらが、映画に出てくるにしんパイ🐟

こちらが、作ったニシンパイ。
可愛くできて食べるのがもったいなかった。中はかぼちゃペースト・タラ(ニシンじゃ無いんかい)とキノコのクリームソース・チーズで、味もおいしかった!

 

カリオストロの城より「ミートボールパスタ」

ジブリでは無いけど、ルパン三世の映画で宮崎駿が監督をした、「カリオストロの城」という映画に出てくるミートボールのパスタも作ってみた。

これもおいしかった!でもここだけの話、ミートソースでおkです。パスタに絡むし。

最近相方にシェアしてもらったSUSHI BOYSのインタビューで「自分たちの住んでる場所はド田舎で何も無いからこそ、都会のディズニーとかゲーセンとか与えられた遊びじゃなくて、あるもので自分たちで何かを作り出したりする延長?で音楽も楽しんでる。」的なことを言っていて、だいぶ前の動画だったけど、これはコロナが終息してニューノーマル時代以降でめちゃめちゃ大切な価値観なんじゃないかとおもった。
おうち時間もお仕事も、自分たちで生み出せることを追求して楽しみたいです、、