歳を重ねるごとに1年が早く感じる理由

「いやー、1年早いね」というのは師走の日本国民の口癖だとおもうのですが、
私たちも年末に、1年早いねー。なんで毎年こんなに、1年早いね。ていってるのに次の年になると1年が長いと思ってるんだろう。1年がめっちゃ早いって覚悟してれば年末になって早っ!てならずにすむのかな?などと他愛もなく話していました。

先日、お昼ご飯を食べていたら、「1年はやいね、って毎年言ってるって話あったじゃん。あれってほんとにそうなんだって!」という話を相方に聞いて、はじめ「?」だったけど、「なるほど。教訓にしよう」と思ったのでこちらにも記しておこうと思います。

1年が早く感じる理由は「ジャネーの法則」という心理的現象によるものだそうです。

相対性理論の重力をうけていたり、運動量が多い場合は時間の流れはゆっくりという話を聞いたことがあるとおもいます。
それ以外は時間の流れは基本的に平等といわれているのですが、人の心理的変化によって早く感じたり遅く感じたりするのだそう。心当たりアリです。
 

ジャネーの法則について

まず、「1年が速く感じる」というのは「以前に比べて時間が速く経っている」という本人の時間的感覚の比較によって生じるものですが、その感覚には「ジャネーの法則」という名前がついているそう。
 

ジャネーの法則(ジャネーのほうそく)は、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書において紹介された法則。主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。

簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

引用元:ジャネーの法則 – Wikipedia

 

つまり1歳の1年を100、2歳の1年を50だとしたら、26歳の私の一年はおよそ3.8…
たしかに若いころはいろんなことが新しくて、小学生の頃とかは、まだ夏かよ…とか考えていた。w

このジャネーの法則に従うと、80歳まで生きる人は体感的には20歳で人生の半分を終える事になるそうです。
20歳になった時、体感的には人生の半分を終えている、とも言えるわけです😳!
 

体感的に長く生きる方法

ジャネーの法則を知った次の話題は、それを知った上で、体感的に長く生きる方法でした。

それは、新しいことに挑戦したりすることらしいです。
心理的なドキドキやわくわくや充実?が必要なのかな。
身になることを多くすると、今年こんなことがあったなぁ、と1年が体感的に充実してたぶん長く感じる気がする。
それが”生きたように生きる”と”死んだように生きる”の違いなのかなーって思った。

だから、歳をとるごとに体感的時間が早くなっても、毎年新しい年、毎日新しい一日、って思って大切に過ごせれば良いな。

参考:【ジャネーの法則】歳を取ると時間が経つのが早く感じるのはなぜか?早く時間が過ぎる理由