ハイブリッドアプリ制作に向けての準備

web制作を生業としている私たちですが、アプリ制作にも挑戦してみてます。そこで「ハイブリッドアプリ」というHTML5やJavaScriptで制作できるアプリがあることを知ったので、どのように制作を進めていくのかを、自分なりにまとめてみます。

ハイブリッドアプリとは?

これについては、他の方の記事をみてください(笑)

ハイブリッドアプリは、通常ブラウザで表示される画面をAndroidなどのネイティブアプリで動いているようにエミュレートしているだけで、ネイティブ上に通常WEBサーバーは存在しませんから、当然PHP等のサーバサイドスクリプトを動作させることはできません。

→データの出し入れはどうやるんだろーと思っていたので、この説明がとても分かりやすかったです。
参考:https://teratail.com/questions/89152

ハイブリッドアプリ開発プラットフォームの準備

まずHTML5やJavaScriptで開発できるプラットフォームを用意するそうです。
React Native / Titanium / AppGyber / AppDeck / Monaca / Applicanなど色々あるようですが…現在以下の理由からMonacaを検討していますが、もう少し調べてみます。

-HTML5をベースでスマホ向けアプリの制作が可能
-Cordovaというオープンソースのハイブリッドアプリ開発の上に構築されている
-OnsenUIとやらが使える
-日本語の情報が多く出回っている

決定したプラットフォームに合わせ、データベースの選定

普段Webサイト開発をしている身としては、外部管理サーバーDBアクセス or mBaaS(外部バックエンドサービス)かなぁなんていくつかのサイトをみながら考えています。
Monacaを使う場合、公式で連携しているNiftyのMobile backendもあるようだ。
参考:ハイブリッドアプリで使えるデータベース

開発にあたっての役割分担と制作

– デザイン
 各画面のデザインモック作成
-フロント1 (ハイブリッドアプリ上で動作)
 HTML5・JavaScriptによる基本的な画面のコーディング
↓↑
-フロント2 (ハイブリッドアプリ上で動作)
 入力される情報をJavaScriptで取得、外部サーバ(バックエンド)への非同期での受け渡しや戻ってきたデータを使ったHTMLの書き換えなど
↓↑
-バックエンド
 受け渡されたデータの処理やDBへのデータの出し入れ処理など
 疑問
 ・普段サーバサイドはphpをつかっているが、まったく使わないのか、どんな感じなんだ?
 ・DB選定に関わってくると思うがプラットフォームで用意している何かを使うのがよいのか?

役割分担としては、こんな感じでわかれるのかな。プラットフォームを使うことで、フロントでどこまでできるのか等がちょっとわかっていない。

実機で確認&デバッグ

制作後、多くのプラットフォームに、実機確認用のアプリケーションが配布されているようなので、それを使い確認

ビルド (デプロイ)

HTMLやJavascriptで組み込んだコードをハイブリッドアプリ用に変換する必要あり

ストアに提出

Appleや Googleのアプリストアに必要事項を入力し、制作ファイルを提出
 
これが一連のながれのようです。ここまでまとめて、ちょっとやってみないとわかんないなぁという感想を持ちましたw

参考サイト:https://ferret-plus.com/6009
  
Twitter🌸🌱@_kohimoto_
Instagram🌸🌱🌸🌱@_kohimoto_

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA