MENU
CLOSE

Pick up

Ranking

Culture

BOOK

子どもが友達に「足おっせー!」と言われたら。ー『自分の親に読んでほしかった本』
「きみのお金は誰のため」―田内 学
NORIKIYOの犯行声明文を読んで、効率化が生み出す”スマートな悪”について考えていた。
『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ
『デザイン思考の先を行くもの』
ライティングする上で、心掛けるといい事。
トラウマ絵本とアニメ
『悪人』吉田修一
葛西と佐々木の山や川
『贖罪』湊かなえ
パルコの広告 1980-1986
『街を変える小さな店』を読んで