MENU
CLOSE
SERVICESTUDYSYSTEM Edit : 2019.02.11 Update : 2022.07.20

がんと診断された時、役立つと思うウェブサイト一覧

2月に#WorldCancerDayなどがあり母を白血病で亡くした経験からも、個人的に癌や病気と闘っている方の助けになるような何かウェブの仕事をしている中できたらな、と日々考えています。 本日は日本でがんと診断されたときにチェックしてみるといいんじゃないかな。という思うホームページをまとめてみました。  

がんサバイバー倶楽部

  2018年にできた全国700万人のサバイバーが ”希望と共に生きる”ことのできる社会をつくることを使命とする、公益財団法人日本対がん協会が運営する情報サイトです。サバイバーが中心となり運営。患者会、イベント、がん関連ニュース等の情報や、サバイバーのストーリーなどを提供し、一方で患者支援セミナーや相談など実際に触れ合うことのできる活動も行ってる。 登録団体数:362件のなかから、都道府県で絞って患者会・患者支援団体を探せる機能もいいと思いました。 https://ganjoho.jp/public/consultation/cisc/cisc.html  

国立がん研究センター がんの情報サービス

  このサイトは国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センターが運営しているサイトです。 それぞれのがんの説明ページには、それぞれのがんについて、がんが疑われたときから治療後の生活に至るまで、その時点で必要と思われる情報が掲載されています。 https://ganjoho.jp/public/cancer/index.html 「がん相談支援センター」という全国のがん診療連携拠点病院や小児がん拠点病院の案内や電話での相談の窓口があります。 https://ganjoho.jp/public/consultation/cisc/cisc.html  

日本対がん協会「がん相談ホットライン」

  心配ごとや不安な気持ちを一人で抱えていたら相談できる電話。看護師や社会福祉士が、患者さんや家族、大切な人などからのご相談をうけてくれる受け付けている。 https://www.jcancer.jp/consultion_and_support/がん相談ホットライン     「国内がん患者さん支援系のアプリ一覧」という記事でウェブアプリをまとめてみたので、そちらもチェックしてみてください。

Web Trends Lab.編集部

KOHIMOTO Inc.所属。トレンドやノウハウ中心にWebサイトを作るための知見を現場から発信していきます👀また、制作したWebサイトでの活用法や、最前線での施策を伺う企業へのインタビューも実施予定。