バリに行こうとしたら他の国にいたはなし

先日というか結構前に、夏休みをいただいて旅行に行って来ました。
さいきん癒しと温かさを求めている…という事で目的地はバリ。

話がぜんぜん変わりますが、さいきん友達に「お金をもっている事と幸せは比例しないけど、体温と幸せは比例すると思う」という話をされて、今年一番たしかに!と思いました。
例えば、お風呂。冬のお鍋、おでん、こたつ。お酒を飲む。笑う。適度な運動。ひなたぼっこ。布団の中。
でも、ずっと南国とか暖かいところにいるのではダメで、現状より体温がちょい上がることが条件。
その点では夏より冬のほうが、幸せ感じられること多いのではないかな。
今年の冬は体温が上がることいっぱいしよう。

さてすぐ話が脱線したので本題に戻りますと、ホテル・行きたい場所リスト・レンタカー国際免許の手配万全で、勢いあまって旅のしおり作れちゃうくらい楽しみにしてたバリ。

いざ、出発の日、空港へ向かうとフロントスタッフさんから衝撃の一言が。
「申し訳ありませんが、お客様はバリに行くことができません。」

え・・・なぜ?

理由は、インドネシアに入国するにはパスポートの期限が半年ないとダメということだったのですが、わたしのパスポート、ギリギリ期限外・・・
普通の国は1〜3ヶ月の猶予あればいけるけど、インドネシアは特別みたい。
少しは入国できる可能性あるか探ってみたけど、国が決めてることだから、どうにもならないらしく。

スケジュール調整してお休みもらったし、このまま帰ったら絶対後悔するよな。
でも予算ないしもう国内しか無理かも。でも折角なら、地球のどこかいきたい。
そんな思いで成田で必死に当日の飛行機調べたところ、往復でやすかったタイへ急遽行くことに!

超弾丸だったけど、結果としてめちゃ楽しかった。タイ大好きになった。もう一回行きたい。
夜ついた時、偶然タイに駐在している知人にディナーがてら、交通の事、両替の事、衛生面で気を付けること、など色々教えてもらった。
「日本語だから大丈夫だと思うけど、タイは王様を批判するようなこと言うと処罰されるみたいだよ。」と言ってた。
あと、やっぱり日本よりも全然貧しさはあり、貧富の差が激しいらしい。

そんなタイのラッパーが自国の軍政の事を批判した曲がこちら。
めちゃかっこいい…ぜひ日本語字幕アリでみてください。


参照:大ヒットのタイ軍政批判ラップは法令違反に当たらず- タイランドハイパーリンクス
 
それに対して政府がアンサーソングを出したという記事が、、
参照:タイの軍事政権へのディス曲に対し政府側がアンサーソングを発表 – 2018.11.05 FNMNL
 
旅行の写真すこしだけ🍍🍍
 

 

 

 

 
Twitter🍊🍋🍉🍍@_kohimoto_
Instagram🍋🍉@_kohimoto_

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA